最新イベントはありません

DVD『オフ喜利・ザ・ベスト』発売中!


DVD販売サイトはこちら!
送料込みの980円!



「WEB0.2 頑固親父が威厳を
なくした寝言の内容とは?」

週刊アスキーにて連載中の
大喜利コーナー「Web0.2」
が単行本になりました。
¥ 980(税込)
カテゴリー
過去の記事
らん(kotesaki)
“プラダを着てない悪魔”
らん (kotesaki)

この夏、大喜利でキレイになる!オフ喜利初の女性参加者は、“ヴィジュアル版大喜利”とでもいうべき画像・動画ネタ投稿サイト「たのしいワールドカップ 」主催のひとり!カメラをスケッチブックに持ち替え、男供とは一味違った感性を見せ付けろ!



【生年月日】
1983年5月31日


【身長/体重】
159/48


【出身地】
埼玉


【テキストサイト暦】
kotesaki(2004〜)


【1日のアクセス数】
20


【サシでやりたい相手・やりたくない相手】
やりたい:松本人志/やりたくない:コロッケ


【自分以外で誰が優勝候補だと思うか】
審査方法が変わればヤスノリさん


【他の人の好きな答えを3つまで】
「牛どどーん!」(ポックリボーイさん)/「部屋が延びているのか、それとも諸君の目の錯覚か、その目でよーく見るがいい!」(館長さん)


【最後にひとこと】
もうちょっと優しくしてください。


【審査委員長からのひとこと】
ポックリボーイとも四万十川さんともシモダさんとも違う、「女性特有の」とか「女は子宮で考える」としか表現できないような独特なセンスの持ち主。
まあ「女でおもしろいやつなんて見たことない」っていう意見もたまに聞きますし、僕も割と「言葉選びのセンスとかは女性の方がおもしろいけど、大喜利的な考えができる女なんていない」って思ってた派なんですけど、らんさんは数少ない「大喜利が出来る女性」だと思っています。
でもやっぱり知らない人が見たら男性に混じってやるのはどうしても偏見があるというか、「女だからつまらない」、あるいは「女だからおもしろい」というような違和感が最初はあると思うので、そこをいかに覆せるか。